背中ニキビの跡に効果的な薬

ニキビというと顔など目につきやすいところに出来ると思いがちですが、
知らない間に出来て、気が付くと跡になって残っているのが背中ニキビです。

背中ニキビのほとんどが痒みや痛みを引き起こしませんので、ふと気づいたら背中にクレーターのような凹みが出来ていたり、シミのような色素沈着が起きているというようなことになるのです。

 

あまり目につきにくい場所とはいえ、
気が付いたらこうしたニキビ跡は綺麗に消してしまいたいと思うことでしょう。

しかし、背中ニキビの跡は市販のニキビ薬で消すことが難しくなっています。

なぜなら、市販のニキビ薬は基本的に顔に出来るニキビの原因となるアクネ菌に作用する成分で出来ていることがほとんどで、背中ニキビの原因となるマラセチア真菌というカビに作用する成分では出来ていないからです。

同じニキビでも原因が違うため、市販のニキビ薬ではなかなか効果が見られないのです。

 

そのため、背中ニキビの跡を綺麗に消してしまいたい場合は、
出来るだけ早く病院に行って抗菌剤を処方してもらうことが一番といえます。

ただどうしてもすぐに病院に行くのが難しいという場合、炎症やアレルギーを鎮める効果があるグリチルリチン酸ジカリウムやピーリング効果のあるサリチル酸が配合されているニキビ薬を応急処置的に使うと悪化することを防ぐことが出来るはずです。